DAWN FX

The dawn is breaking

【週間示唆-振り返り37】

週間示唆は下記より。

dawnfx.hatenablog.com

 

ドル円

f:id:sinonome46:20200222151257j:plain

4H三尊を否定して、大きく上昇した。日足週足レベルの値動きと判断している。先々週から入れてた売りは建値で切られた。買い所としては青丸のあたり。考察記事でも述べた三尊逆三尊の出現位置に関する記述について、もう少し掘り下げてまた記事を書きたいところ。示唆でも述べたオレンジチャネル抜け押しは1Hにしか現れなかった様子。1Hの買い所の方は仕事中で乗れなかったが、水平線を三尊の最高値に引かず、左肩から引くという判断は間違ってなかったみたいで嬉しい。

 

【ポンドル】

f:id:sinonome46:20200222151823j:plain

順当な戻り売りがしやすかったペアだと思う。黒切り上げライン下抜けで小さく戻りをつけた青丸がポイント。考察記事の通りトレンドをつけながらの下抜けなので戻りも小さいか。現在大きく戻りをつけているが果たしてどうなるか。

 

【ポン円】

f:id:sinonome46:20200222152049j:plain

こちらもぐいぐい伸びたペア。赤丸からのショートは無事損切り。青丸から目線変更で飛び乗っていった。ポイントとしては緑丸のリテスト具合と緑MAと黄色MAのサポート具合か。また紫切り上げラインでサポートされる波も、3波が短く4波5波でWトップをつけているが、3波自体が短すぎるというのもトレ転を疑うポイントにもなる。赤線レンジの中盤はやはり難しいと思った。

 

【ユロドル】

f:id:sinonome46:20200222152459j:plain

ノートレ。底練りの動きから一旦の反発を取った形。ここから押し目買いできるかさらなる続落となるかといったところ。

 

【ユロ円】

f:id:sinonome46:20200222152618j:plain

戻り売り継続かと見られたが、大きく上昇した。日足レベルのMAへのリテストという可能性を考慮していたがさらにもうひと伸びしていった。緑丸では紫MA実線と点線の乖離がほとんどなく、膨らみを作らずに勢いよく抜けたのが判断のポイントだと思う。それまでの小刻みな動きを否定する大きなローソクの出現というのはいかなる時も動き出しの根拠になる。買いで入れたのは青丸1つ目の辺りで狙いは黒水平線まで。2つ目の青丸は半値決済する場合はここで半値決済し、再度買いで入るならここしかないというところ。しかしMAだまりもあるので小ロットじゃないと自分には難しい。

 

【振り返りまとめ】

GDPインパクトもあると思うが、テクニカルが効いたと判断できる部分が多いのでやはり日頃の分析の精度をもっと高めたいと思った。効いたライン、効かなかったライン、主戦場となった時間足はどこだったのか?ということを考えていきたいところ。

 

【週間示唆-振り返り36】

週間示唆は下記より。

 

dawnfx.hatenablog.com

 

ドル円

f:id:sinonome46:20200215135730j:plain

形作りに費やされた1週間という印象。Wトップ系でもあり、三尊系ともとれる形で残るネックラインは緑水平線といった様子。一応持ち越しで売りポジは持っているがどうなるかわからないのは言うまでもなく。

 

【ポンドル】

f:id:sinonome46:20200215135951j:plain

チャネル抜けのリテストを取ることに努めた1週間で紫MA上抜け後の押し目買いとなる青丸が乗り所。決済は黒チャネルライン付近で想定しておくといい場面。そこで跳ね返ると思ったらチャネル内に復帰して見通しが変わってきた。

 

【ポン円】

f:id:sinonome46:20200215140159j:plain

赤水平線内のレンジ継続だけでなく、やっぱり上か?いう疑惑が生まれてきている。黒チャネル上限から売ってみたポジは建値決済になり、どうやらそのライン上抜けが買い所だった様子。来週以降また悩みそう。

 

【ユロドル】

f:id:sinonome46:20200215140431j:plain

赤水平線へのリテストは入らず、青チャネルで反発して下落継続となった。1つ目の青丸は、赤水平線へのリテストも視野にいれていたので安値更新のブレイクで乗るのが方策となる。2つ目はMA戻り売り。

 

【ユロ円】

f:id:sinonome46:20200215140918j:plain

黒切り上げライン抜けのリテストとMA戻り売りが重なった1つ目の青丸。それから安値更新後の戻り売りポイントでMA戻り売りのポイントである2つ目の青丸が売り所。とはいえネックラインが多くて小ロットの売りとなった。決済は赤水平線まで。続落していったが、来週以降どうなるだろうか。

 

【振り返りまとめ】

ユーロの続伸とは対照的にポンドがよく分からなかった。上抜けしていくとなると、やっぱり前の見立ての通りか?とちょっと悩み中。各通貨が横並びの動きをしていないので非常にやりにくかった。基本的には短期MAの順張りが一番シンプルな攻略方法だったか。上位足の流れに従うということをもっとうまくやっていきたい。

 

【週間示唆-振り返り35】

週間示唆は下記より。

 

dawnfx.hatenablog.com

 

ドル円

f:id:sinonome46:20200208114330j:plain

紫チャネル底からの反発でよく上昇した1週間だった。ポイントとしては緑丸のフィボナッチライン。50%の戻りに対して150%までの下落がチャネル底という環境。よく61.8%とか38.2%など、どこどこまで達したかということを述べている解説もあるが、もっとシンプルに、50%に対する150%とかそういう取り方で見ると分かりやすいことがある。買いのポイントは1Hの青丸各部で、主にブレイクと押し目の両面で狙えるような場面だったと思う。

 

【ポンドル】

f:id:sinonome46:20200208114821j:plain

ノートレ。月曜の下落でこれはリテストかとしめしめ思っていたらそのまま続落して結局お見送り。ポイントは緑丸。MAもネックラインも超えなかったのであれっと思った。ここを超えたら押し目買いできると思ってたのだが戦略を修正したあとで先々週までの戦略のが良かったなんてのはよくある話w

示唆読み取りではこのリテストの動きも書いていたが、どっちかというともう一段上の天井圏まで伸びての動きを主軸にしていたのでどうにもならなかった。朝一の窓も気になっていた。

買い目線強めで見ていたので大けがしても良さそうなものだが、自分の場合基本条件が短期紫MA上抜けと押し目買いなのでそこを守ってさえいれば、今週は一度も間違ったトレードはしないで済む。ルールは身を助けるとしみじみ思った。

 

【ポン円】

f:id:sinonome46:20200208115636j:plain

レンジ帯の中でこちらも月曜の下落がレンジ下限でサポートされたのがポンドル上目線を強める結果となっていた。ポン円の場合はポンドルよりもレンジトレードの意識が強かったのでなんとかトレードできた。ポイントは緑丸で黒切下げラインで抑えられていいた所。その後1Hで三尊の形を作ってくれたので青丸2カ所が売り所。

 

【ユロドル】

f:id:sinonome46:20200208120034j:plain

ポンド系の大きな下落とは対照的な小さな揉み合いから始まった下落の波。青チャネルを超えたらというパターンとここで反発を受けたらという両面でフラットに捉えていれば冷静に売りが取れたと思う。売り場となるのが1Hの青丸のところ。三尊の右肩と切り上げライン抜け戻りのあたり。この抜け戻りについては考察記事を書きたいと思う。

 

【ユロ円】

f:id:sinonome46:20200208120646j:plain

示唆通り4Hでは乗りづらくも下位足に注目していれば乗りやすかったと思う。乗り所は青丸のあたりでブレイクでもリテスト乗りでもいい場面。黒チャネルの上限ラインは窓埋めのライン。窓埋めは水平線だけでなく斜めの動きもあるのでチャネルが引けそうだなと思ったらそういう見方もしていくのがいいと思う。ちょうど上限にタッチしているあたりは4Hでみてもネックラインなので信頼性が高まる場面。

 

【振り返りまとめ】

ポンドルには見事にふいにされてしまった。時々うまく読めるようになってきたなと思ったらこうして反故にされるのが慢心防止に繋がっているw

ルールは身を助けるというのは、特に自分のようなチャネル天底だから指し値でトレードしようみたいな手法を用いないタイプには特に実感されたのではないか。ポンドルは思わせぶりな反発の仕方が多くいかにも指し値できそうな感じはするが、そこをグッとこらえていくことが何よりも大事なこと。