DAWN FX

The dawn is breaking

【週間示唆-振り返り56】

週間示唆は下記より。

 

dawnfx.hatenablog.com

 

ドル円

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200704121058p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200704121140p:plain

安値のヒゲ先からの3波分を取るエントリ。青丸は1Hでみると十字線が生まれていて1H紫MAに接するあたり。決済は青水平線。現在4波の下落があって、横もみ中。5波の切り返しがなければそのまま再度下落していくかもしれないが、週足の三角からの反発なので慎重にみたいところ。

 

【ポンドル】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200704121438p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200704121516p:plain

戻り売り目線だったのだが、気になっていた161.8%と紫水平線で緑丸のWボトムを作ったことで潮目が変わった形。水色丸で乗れたら良かったのだけど青チャネルが気になって乗れず、上抜けからエントリ。こういう時に水色丸から青チャネルまでと割り切れないとこれから先やっていけないかもしれないと思っている。

【ポン円】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200704121806p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200704122307p:plain

安値更新ならずという形でとりあえず5波Wボトムの形となれば買い場を探すしかない。こちらは買い場を探すときにフィボ100%ラインを超えないとと書いてたような気がする。ということで夜中に青丸から1時間足をみながらエントリ。ストップはすぐ下。水色丸からエントリできれば良かったと思った。

 

【ユロドル】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200704122602p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200704122629p:plain

MAの上に乗った辺りからエントリするもののすぐに陰線が出たため微益決済。その後は様子見している。スパンを考えると来週月曜火曜ぐらいの動き出しがあるかもしれないと思っている。

 

【ユロ円】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200704122812p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200704122838p:plain

こちらもユロドルと同じような感じでエントリするものの建値で決済。現在軽くダイヤモンド形成している様子。こちらも来週前半の動き出しがありそうだと見ている。

 

【振り返りまとめ】

やはり上位EMA/SMAがDCしているという状況だと目線が取れても横もみに絡められてトレードが難しくなってしまうと思った。あと節目から節目までという考え方をもっと自分の中で定着させたい。4Hのスイングを取るのか1Hのスイングを取るのか。現状から取捨選択できる最適解を機械的に実行できるようになりたい。

 

【週間示唆-振り返り55】

週間示唆は下記より。

dawnfx.hatenablog.com

 

ドル円

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200627121758p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200627121833p:plain

カップ&ハンドルの青丸から週足の水色三角ラインまでが取り所。しかし別の作業してる間に抜けて行ってしまって見送り。その後もノートレ。この波形は最近意識するようになったので検証の意味合いが強い。半円を描いた後に、50%~61.8%戻りが入って紫MA下に落ちてきたところから入ろうと思ってたもの。

 

【ポンドル】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200627122138p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200627122202p:plain

緑切り上げラインへのリテスト確認後の売りという形。青切り上げライン下抜けの足から乗るか紫MA引きつけから乗るのがいい案配。買いを考えるとやはり紫水平線を上抜けなければならず、超えない限り下目線という環境認識ができれば難しくはないと思う。5波狙いで161.8%届きそうで届かず夜中に成り行き決済したところ。

 

【ポン円】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200627122524p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200627122546p:plain

こちらがけっこう短期足で往復びしばしぶたれてたものの、終わり良ければとりあえず良しってことにしたペア。ポイントはフィボ100%ラインの黄緑水平線のレジサポ転換。ここを超えない限り下目線でいいのだけど、20MAがGCしてたり点線SMAにリテストつけてたりで、もしかして上かと思って短期で何度か買いで入って無駄に損切りしていた。最終的に青丸から売ったものの、ポンドルと同じく夜中に決済。

 

【ユロドル】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200627122945p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200627123035p:plain

ウォルフだと思ったのは月曜日の昼くらい。青丸から乗ったものの伸びが悪く建値で決済。もったいないことをした。ポイントとしては緑のEMAとSMAの関係かと思った。DC中であり日足週足チャートも見ると天井圏なので、自分でも半信半疑だった。ここから先は難しい。三尊を否定してウォルフ形成するも伸び悩み黒切下げライン上抜けのリテストという状況。しかし三尊の右肩の高値を超えてないのでダウントレンドは崩れてない。・・・さて、という感じ。

【ユロ円】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200627123615p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200627123639p:plain

こちらもウォルフなのだけど、やはり天井圏なのと緑SMAとEMAの関係が以下略。赤丸から乗ったものの横ずれしてきて青切り上げラインを抜けてきたあたりで決済。元のストップは黄色200MAの下くらいだったけどやむなし。

 

【振り返りまとめ】

自分の弱さとしてはGC/DC状態の時のエントリ可否というか優先順位が安定しなくなるというのがあって、ポン円は無駄に短期でロングしてことごとく損してた。他方ユロドルのウォルフとユロ円のウォルフではDC中のロングではあったもののチャートパターン優先だった。それぞれ結局五分五分な感じで終わったのだが、第1に何を持ってくるか、第2に何を持ってくるか、条件分岐が甘いところがあったのが分かったので、そこら辺が反省ポイント。

 

 

【週間示唆-振り返り54】

週間示唆は下記より。

 

dawnfx.hatenablog.com

 

ドル円

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200620102710p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200620102733p:plain

波ができたところに切り上げラインを引いて、抜け戻りからのショート。なのだけどその後の動きが緩慢で現在値あたりで決済。紫チャネルが上値を抑えていたのと上位MAが上にあったので値幅自体は小さいがエントリのストレスも小さい。

 

【ポンドル】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200620103210p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200620103234p:plain

緑丸で紫水平線を越えきれず三尊系の形を作って下落。ローソクだけ見ると売りやすいのだけど、MAの状態が気になって売るに売れずに4Hクラスではまったくノータッチ。スキャルでちょこちょこやったくらい。ここでエントリするには検証が必要だと思った。

 

【ポン円】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200620103506p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200620103531p:plain

こちらも緑丸がポイント。先週からのまたぎで5波Wボトムをつけて上昇に転じるかという期待があったものの黒水平線を越えきれず下落していった。となると青切り上げラインから緑切り上げラインまでの扇を取りたいのだが、日足で見るとネックラインになる黒水平線2本がそこに横たわってきていた。とすると青切り上げラインから黒水平線までが狙い目となるのだけど、こちらも売れなかった。黄色200MA下抜け付近から売れば良かったと今更ながら思った。この間だけは難しそうに見えて実は難しくなさそう。

 

【ユロドル】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200620103937p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200620104001p:plain

青切り上げラインリテストを見て紫MAの下に潜って寄りつけたあたりが乗りどころ。こちらは水色チャネルラインが下値をずっとサポートしている中で、とりあえず三尊系でもあるし緑MAタッチはするだろうと思ったのでそこまでを狙い目として判断。

 

【ユロ円】

示唆時点4H

f:id:sinonome46:20200620104309p:plain

結果4H

f:id:sinonome46:20200620104331p:plain

こちらも短期足から少し取ったくらいで4Hのスイングとしては乗れなかった。ポイントは緑丸の高値が3波の起点である赤水平線を越えなかったことか。先週からのWボトムのネックラインを少し上抜けしているものの、3波の波がだらだら下げで波にメリハリがないときは、同価格帯にある波の起点が大事だと思っている。のだけど売ると考えるとこちらもMAが気になって売れなかった。大きく見て紫チャネルの中を縫っていく3波との認識ができたのはWボトムの安値を更新してからだった。

 

【振り返りまとめ】

今週は上昇に転じる買い目線を中心にして上がらなければ横にスライドしていくかという感じで見ていたため、売るに売れない場面が多かった。上位MAが安値をサポートしているところは判断が難しく感じる。先週からずっとホールドしていられれば恐らくチャネル底までキープする考えもあったと思うけど、波のスイングが変わってきたことに対応しきれなかったというのが反省点。つまり最初から勝負はついていたと思う。