DAWN FX

The dawn is breaking

【ドル円の展望と波の捉え方について】

ドル円の波の捉え方について、ここのところずいぶん悩まされてきた。というところで、どのように見ていけばよかったのかの検証を含めた今後の展望を自分なりに考えてみた。

検証するに当たって、こうして毎週示唆読み取りをしているというのは実に検証しやすくて助かるなとしみじみ思った。みんなにもオススメします。

 

①遡って2019年10月7日のドル円日足

f:id:sinonome46:20200223181259p:plain

②19年11月4日

f:id:sinonome46:20200223180014p:plain

 ③2019年12月2日

f:id:sinonome46:20200223180304p:plain

④2020年1月6日

f:id:sinonome46:20200223180434p:plain

⑤2020年2月3日

f:id:sinonome46:20200223180605p:plain

 

・・・涙ぐましい努力の跡が見えるw

自己分析をする中で大きなサイレントターニングポイントだったのは、下記の2019年10月14日の日足画像だと思う。

f:id:sinonome46:20200223181059p:plain

上記の示唆読み取り時には月足週足のピンク三角ライン内の動きという把握をしていた。ポイントとしては青水平線と青切下げラインの存在。このラインは翌週の示唆読み取りの日足画像にはすでに残っていなかったラインで、ここが大きなターニングポイントだったと思う。

今なら、青切下げラインを上抜けしつつあることとセットでピンク三角ライン内下限で逆三尊形成について言及できていたと思う。この逆三尊の認識があればその後の目線取りは青水平線を下抜けない限り、そしてピンクラインにタッチしない限り上目線を強めに継続できていたのではないかと思った。

なぜ逆三尊の捉え方ができなかったかというと週足日足レベルの大きな値動きで捉えるということができていなかったということだと思うし、ピンク三角ラインの内側のラインを下抜けしていることで下目線継続を強めてしまったと思う。ラインが増えることで起こる弊害を受けてしまった。

 

その後の値動きとしては局所的によく捉えられていた場面もあたっと思うが、最初の段階で辻褄が合わせられていなかったことが自分の中の迷いに繋がっていたと思う。

 

そこを踏まえて現在の動きを考えると下記の画像のように解釈できると思う。

f:id:sinonome46:20200223182748p:plain

ピンク三角ライン下限に逆三尊形成。三尊右肩の3波目でダイヤモンド形成し、上抜けするも高値失敗。平行レンジ形成で黄色丸で緑MAにサポートされ、緑切下げラインにタッチ。これを超えられなかったことで大きく下落し、赤チャネル内でWボトムをつけてようやく大きく上昇した。

チャートを学ぶ上で必要な要素がこんなにもぎっしり詰まっていることはとても幸せなことだと思う。ポイントとしては逆三尊形成後に大きく伸びなかったことで、波乱のチャートパターンのダイヤモンドを形成、それでも高値更新できず調整のレンジを作った。黄色丸のところの小さい平行レンジの等倍下げて、安値更新を果たし、ネックラインで溜めを作り高値更新でトレンド継続示唆。Wボトムを作って緑切下げライン上抜け達成というシナリオ。なんというか実に誠実なシナリオだと思った。

 

また緑切下げラインについては、色分けすると下記のようになる。

f:id:sinonome46:20200223183948p:plain

どこから当てるか悩んだものだが全部に当てておけばいいという結論に至ったのは大きな糧になると思う。

 

最後に今後の展望だが、Wボトムの値幅は達したので一旦の調整が入るのではないかと思う。日足逆三尊の値幅にはまだ達してないが、三角ラインの上限でもあり、ここを抜けて行けば上の赤水平線まで捉え得ると思う。ここを超えないということであれば三角ラインに従って再度下げていくのかもしれない。よって来週再来週の週足日足の形には十分注意したいと思う。

f:id:sinonome46:20200223184315p:plain

 

 

 

【週間示唆-2020/2/24~2/28】

ドル円

週足

f:id:sinonome46:20200223163316p:plain

日足

f:id:sinonome46:20200223163343p:plain

4H

f:id:sinonome46:20200223163541p:plain

週足から見ると水色三角ライン上限にある場面。大きく見てこの三角の中で推移していくパターンと赤水平線内のレンジの動きを想定したいところ。日足に降りると黒チャネル上限に達しているところで、一旦の下落中か。4Hでは大きく伸びた波が短期紫MAに接近しているところで4H中かといった場面。買い方としてはこのMA押しと青水平線付近からの押し目買いを検討したい。売り方としても5波の確認をしておきたいところ。

従って取れる戦術は下記の通り。

①紫MA押し目買い

②青水平線からの押し目買い

③黒チャネル上限でWトップ等パターン形成後の売り

 

【ポンドル】

日足

f:id:sinonome46:20200223164116p:plain

4H

f:id:sinonome46:20200223164143p:plain

1H

f:id:sinonome46:20200223164648p:plain

日足は緑チャネル下抜けのリテストが一旦入ったと思われるトレンドをつけながらの下抜けなのでこれ以上の大きな戻しはなさそうと思っているがはたして。一応日足の短期MAが上値をうまく抑えている状況。4Hでは紫チャネルの角度で見ていきたいところ。日足の緑MAと200MAの位置を気にしながら戻り売りをしたい場面。買い方はこの紫チャネル上抜けが欲しいところ。1Hではオレンジ切下げラインを上抜けして押し目を取っているように見えるので、もうひと伸びあるかもしれない。

従って取れる戦術は下記の通り。

①紫チャネル上限でWトップ等パターン形成後の売り

②紫MA下抜け後の戻り売り

③紫チャネル上抜け後の押し目買い

 

【ポン円】

週足

f:id:sinonome46:20200223164853p:plain

 

日足

f:id:sinonome46:20200223165817p:plain

4H

f:id:sinonome46:20200223165839p:plain

週足から見ると水色チャネル上限の攻防が続いているところ。若干上抜けしつつあるが、MAもまだチャネル内にあり週足レベルなのでまだなんとも。日足は緑チャネル下抜けのリテストがラインに張り付いているところ。この赤水平線を越えるようであれば5波Wトップという目線が効かせられるところか。4Hではそのレンジ上限の攻防が佳境を迎えている。紫水平線を上抜けして、押し目を取っているように見えるところ。黒チャネルの角度でチャネル上限に押し目を取って上昇する可能性と、青水平線付近まで押しを取って大きく上昇する可能性を持ていると考える。買い方としては押し目の位置を把握したい。売り方としては赤水平線で三尊のような形がでなければ様子見したいところ。

従って取れる戦術は下記の通り。

①紫MA押し目買い

②直近高値ブレイク買い

③青水平線まで押しがあった場合の押し目買い

④三尊やウェッジなどのパターン形成後の売り

 

【ユロドル】

週足

f:id:sinonome46:20200223173239p:plain

日足

f:id:sinonome46:20200223170736p:plain

4H

f:id:sinonome46:20200223171722p:plain

週足は窓埋めのラインで下ヒゲをつけている。直近の黄色チャネルで考えると、窓埋めを実体で目指しつつ黄色チャネル底を取る動きが警戒できる場面。日足は先週から述べてた黄緑BOXの反発で一旦の上昇となっている。赤水平線付近までの上昇があるかといった場面。また週足水色チャネル底でもあるので切り返しの動きは注意したい。特にONEボトムで上がっていくかWボトム等パターンを作るかには警戒したいところ。4Hでは短期的な押し目買いができそうな場面か。売り方としては緑水平線または上位MAからも戻り売りが検討できそうな場面。

従って取れる戦術は下記の通り。

①紫MA短期押し目買い

②緑水平線上抜け後の押し目買い

③緑水平線反発+紫MA下抜け後の売り

 

【ユロ円】

日足

f:id:sinonome46:20200223172337p:plain
4H

f:id:sinonome46:20200223172358p:plain

日足は緑チャネル下抜けの戻りが大きく返しているところ。下落幅全体の50~61.8(チャート上表示位置38.2)%戻りとなっている。4Hでは紫ダウントレンドラインを上抜けしているところでネックラインも上抜けしている。カウント的には2波に対して現在の4波が大きいのでトレ転を示唆している。買い方としてはここで押し目をつけて大きく上昇したい場面。売り方としても売りの形ができるまでは様子見が吉か。

従って取れる戦術は下記の通り。

①紫切り上げライン押し目買い

②紫切り上げライン下抜け後の戻り売り

 

 

【示唆まとめ】

ドル円については円安の可能性もあるが、週足三角ラインに従うのか赤水平線レンジに従うのかを見極めたいところ。考察記事書けたら書きたい。ポン円も微妙な場面。載せてないけどユロポンが平行レンジとなってユーロ買いに入りそうな感じはあるのでユロドルの動きには注意したいところ。なるべくラインを消したいと思って毎日試行錯誤しているけどなかなか難しい。

ともかくあまり難しく考えずに、押し目戻り目を取っていきたい。

 

 

 

 

【週間示唆-振り返り37】

週間示唆は下記より。

dawnfx.hatenablog.com

 

ドル円

f:id:sinonome46:20200222151257j:plain

4H三尊を否定して、大きく上昇した。日足週足レベルの値動きと判断している。先々週から入れてた売りは建値で切られた。買い所としては青丸のあたり。考察記事でも述べた三尊逆三尊の出現位置に関する記述について、もう少し掘り下げてまた記事を書きたいところ。示唆でも述べたオレンジチャネル抜け押しは1Hにしか現れなかった様子。1Hの買い所の方は仕事中で乗れなかったが、水平線を三尊の最高値に引かず、左肩から引くという判断は間違ってなかったみたいで嬉しい。

 

【ポンドル】

f:id:sinonome46:20200222151823j:plain

順当な戻り売りがしやすかったペアだと思う。黒切り上げライン下抜けで小さく戻りをつけた青丸がポイント。考察記事の通りトレンドをつけながらの下抜けなので戻りも小さいか。現在大きく戻りをつけているが果たしてどうなるか。

 

【ポン円】

f:id:sinonome46:20200222152049j:plain

こちらもぐいぐい伸びたペア。赤丸からのショートは無事損切り。青丸から目線変更で飛び乗っていった。ポイントとしては緑丸のリテスト具合と緑MAと黄色MAのサポート具合か。また紫切り上げラインでサポートされる波も、3波が短く4波5波でWトップをつけているが、3波自体が短すぎるというのもトレ転を疑うポイントにもなる。赤線レンジの中盤はやはり難しいと思った。

 

【ユロドル】

f:id:sinonome46:20200222152459j:plain

ノートレ。底練りの動きから一旦の反発を取った形。ここから押し目買いできるかさらなる続落となるかといったところ。

 

【ユロ円】

f:id:sinonome46:20200222152618j:plain

戻り売り継続かと見られたが、大きく上昇した。日足レベルのMAへのリテストという可能性を考慮していたがさらにもうひと伸びしていった。緑丸では紫MA実線と点線の乖離がほとんどなく、膨らみを作らずに勢いよく抜けたのが判断のポイントだと思う。それまでの小刻みな動きを否定する大きなローソクの出現というのはいかなる時も動き出しの根拠になる。買いで入れたのは青丸1つ目の辺りで狙いは黒水平線まで。2つ目の青丸は半値決済する場合はここで半値決済し、再度買いで入るならここしかないというところ。しかしMAだまりもあるので小ロットじゃないと自分には難しい。

 

【振り返りまとめ】

GDPインパクトもあると思うが、テクニカルが効いたと判断できる部分が多いのでやはり日頃の分析の精度をもっと高めたいと思った。効いたライン、効かなかったライン、主戦場となった時間足はどこだったのか?ということを考えていきたいところ。